シックハウスについて

厚生労働省では、化学物質に関する室内濃度指針値(下記参照)を定めており

人が指針値以下の暴露を一生涯受けたとしても

健康への有害な影響を受けないであろうという判断のもと設定されています。

参考文献:平成26年度版 建築士法に基づく建築士定期講習テキスト

一方、平成15年7月にシックハウス対策に関わる法令が発令されました。
法令では、シックハウスの原因となる化学物質として、ホルムアルデヒドとクロルピリホスの2つの物質だけが対象となっています。この現状を、皆さんはどうお考えになりますか?

この表をご覧頂き、お客様お一人お一人がお勉強される参考材料としてお役立て頂けましたら幸いです。